Four Seasons HOTEL RESIDENCES KYOTO

Four Seasons HOTEL RESIDENCES KYOTO

お問い合わせ
TELお問い合わせOUTLINEMAP

日本の美学は、「東山」にはじまる。日本の美学は、「東山」にはじまる。 Location

SCROLL

千年を超える歴史を誇る「京都」の中でも、 ひときわ憧れを集めるエリアがあります。
美しい自然と歴史的建造物など、 京都」ならではの魅力のすべてを謳歌できる場所、「東山」。
京都市十一区のひとつで、景観条例等が厳しい事でも知られ、 住宅開発等が制限され、昔ながらの街並みが多く残ることでも知られています。
東山三十六峰」と呼ばれる美しい山並み、「鴨川」のせせらぎ、 豊かな自然と伝統的な街並みが、見事な景観を形成しています。
清水寺」をはじめ、「京都」の中でも世界的に著名な寺社仏閣が多いことも、 東山」の魅力のひとつです。
京都」の中でも特別な意味を持つ、「東山」。
フォーシーズンズホテル レジデンス 京都』は、 この「東山」を舞台に誕生しました。

清水寺(2013年4月撮影)
京都国立博物館 明治古都館(提供写真)
智積院(提供写真)
国宝 長谷川久蔵『桜図』(智積院宝物館所蔵・提供写真)

積翠園 ―
八百年の時を超え、
守り継がれる庭園。

フォーシーズンズホテル レジデンス 京都』の敷地内に守り継がれる庭園「積翠園」は、 平清盛の長男・平重盛の屋敷庭園として造園されたと伝えられ、その存在はある「平家物語」にも記されていると言われています。
また、江戸時代には「妙法院」ゆかりの皇族たちが集い、春には桜、秋には月見、そして舟遊びなどにも興じていたとか。
八百年の時を超え、守り継がれる庭園「積翠園」。

積翠園(2016年10月撮影)
積翠園(2016年10月撮影)

日本文化の真髄を愉しむ。

茶室や庭などの空間設計、茶道具などの工芸、懐石料理や和菓子などの食文化、お客様をもてなす作法・・・。
そのすべてが融合する総合芸術であり、日本を代表する文化として、今も受け継がれる「茶道」。
フォーシーズンズホテル レジデンス 京都』では、日本ならではの美学を体験していただくために、「茶室」を設けました。 積翠園」に面して設計された茶室は、本格的な数寄屋造り。美しい庭園を眺めながら、凛としたひとときを謳歌する。 ひときわ京都らしさを愉しむ、特別な舞台がここにあります。

茶室(2017年2月撮影)
茶室(2017年2月撮影)
茶室(2017年2月撮影)
茶室(2017年2月撮影)

※掲載の外観完成予想CGは計画段階の図面を基に描いた外観完成予想CGを合成しCG処理を施したもので形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。この完成予想CGで表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定しており、竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えています。
※掲載の写真は、2016年10月、2017年2月に撮影し、一部CG処理を施したもので実際とは多少異なります。
※掲載の写真はすべて参考写真です。